ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

472

外へ出ると辺りはすっかり日の光を閉ざしていた。 代わりに街灯や自動車のライトが昼間と同じ位さんざめいている。 何となく、中島みゆきの「地上の星」のうろ覚えの歌詞を口ずさむ。 まだ秋ではあるが、日に日に日照時間が短くなって気温が下がってゆく。 …

471

夜の10時過ぎに安曇野市唯一の宅配ピザチェーン店に行った。 今宵は両親は出かけ、私は休日だ。 よって、パーティーを独りで執り行うため、ピザを注文した。 この店の営業時間は11時まで、結構ギリギリに入ってしまって申し訳ない気持ちになった。 ギリギリ…

470

すっとろく指を動かす。 明日は朝から両親が出かける。 そして、明日は私は休日だ。 母に愛犬の餌やりと散歩をお願いされた。 不承不承で引き受けた。 何せ、明日は自由の身、少しくらいの面倒はやるべきだろう。 それから、携帯電話の相談やら歯医者やらガ…

469

母が買ってきたコロネを食べた。 もちもちとした食感とまぶされた砂糖の甘みが口一杯に広がった。 パンの美味さに舌鼓を打ちながら、パソコンのキーを叩く。 甘党の私は、糖分を欲する。 果糖ブトウ糖液糖の主成分の飲料水が飲みたくなる時がある。 コーラな…

468

言いたいことは特にない。 ここ最近の心境だ。 書きたいことはあるにはあるのだが。 とにかくギリギリまで寝たい欲求に全力で身を任せている。 遅刻するかしないかの瀬戸際を攻める。 攻め過ぎて、言いたいことを考えられない。 ある意味で困った状態ではあ…

467

「フルスロットで寝る」と宣言した昨日から。 屍のように寝に寝た今日まで。 何時間、果たして経ったのだろうか。 いやはや、もう仕事へ向かわなければならない。 しかし、充実感に満たされている。 やはり、人は休まなければならない。 4連休は私にとって大…

465

疲れがどっと出た。 フルスロットで寝る。 続きはまた明日。

464

歯が痛い。 下の方の左右の乳犬歯2つがずきずきと痛い。 ずきずきとこみかみ付近まで歯の痛さが侵食している。 右側の乳犬歯は、以前に治療してから幾年か経つから、合わなく成ってきたのかもしれない。 左側の乳犬歯は、最近黒い穴を見付けていたので、虫歯…

Googleアドセンスの問題解決のヒントが、役に立たない。

連休2日目の夜、道の駅で明日に備えて寝間着に着替えた。 今日は朝から遊び倒した。 愛媛県松山市の観光行脚を楽しんでいる。 旅路については、帰ってからゆっくり書く。 そう言えば、大阪でのイベント記事も書いてない。 …明日も朝早くから遊ぶのだから、さ…

463

西に夕陽が沈みゆく。 地平には赤紫の雲が、天空には明るい水色の空がある。 その境目、界面に柔らかいアイボリーの層があり、赤紫の雲と水色の空を見事に分け隔てている。 強く鋭い西日が私の網膜に刺さる。 自動車のサンバイザーを開いて、光を遮る。 キラ…

462

雲が畝を幾つも作りながら広がっている。 ほんのりと黄金色をした雲に、地上の黄金色を連想する。 広大な空に生る穀物は、鳥が皆食べてしまうのだろう。 世間で言えば、今日は3連休の終わりだ。 休みの終わりに嘆いている人たちに反して、私はウキウキしてい…

461

夜勤前、一時の余白、秋風が通り抜ける昼下がり、ふらりと出かけた。 知人に誘われて、松本市刈谷原町にある「ヴィオ・パーク劇場」へと辿り着くためだ。 そこで、音楽とパフォーマンスイベント「トーチカ!」を観劇した。 「舞台がある」だろうというイメー…

460

寝落ちした。 昨日の記事は、せめて更新だけでもしようとした気概の現れだ。 「彼方にも」…私は何を書こうとしたのだろうか? 記憶によれば、昨日の21時頃から布団の上にいた。 起きたのは今日の15時頃、18時間は揺蕩う意識の中にいた訳だ。 意識の「彼方に…

459

彼方にも

458

10月、夜の寒さに山の木々も身震いしているかもしれない。 昼の太陽は燦々と万遍なく光を降り注いで、逆に暑く感じる時がある。 昼と夜の寒暖差が大きい時期だ。 何たらの秋、と銘打って何かをし始める口実が出る時期でもある。 食欲の秋、読書の秋、運動の…

@4度目、アクセス元とアクセス先の上位5件くらいをまとめてみる。

先程、GoogleアナリステックとGoogleサーチコンソールを登録した。 これで分析が捗る…とは到底考えられない。 何せ、表示された表や数字の意味が掴めない。 本格派の専業ブロガーだったら、データ解析もお手の物だろう。 しかし、さらっと済ませたい私は、そ…

457

だらだらと1日を過ごした。 明日は早い。 アシタ…うっ、何も考えたくない。 考えたくないので、投稿してしまおう。 この記事については、これで良し。 ハッピーエンドを夢みる末期の夢かな。

456

湿気ったビスケットを1枚口に放り込む。 もしゃもしゃと咀嚼しながら考えようとする。 しかし、何処かに頭のネジを落としてしまったようで、カタカタと空回りばかりする。 頭のネジを落としたのは今回が初めてではない。 むしろ、日常茶飯事だろう。 そして…

455

何かをしくじった訳ではない。 しかし、仕事の分量が増えてしんどい。 可能な限り押し進めても、ピリついた空気を感じる。 駄目な私はもう駄目だ。 仕事に思いっきり活力や元気を奪われている。 疲れてしまって欠伸と溜息が交互に出る。 聞いた話しでは、繁…

454

この記事で記事総数が800記事となるようだ。 すると、残り200記事で1000記事あるブログになる訳だ。 継続することに拘ってきた当ブログも、大台の前に少したじろぐ。 過去記事の書き直しを放置している記事が記憶の中でも幾つかある。 書き加えを放置してい…

役に立つ記事を書きたいために、そも「役に立つ」とは考えてみた。

風たちに小突かれた気弱な雲がしくしくと泣いている。 景色の明度はぐっと落ち、落ち着いた空気だ。 益々、秋の冷気は強まり、ホットミルクが美味しく感じる。 さて、この記事でブログ継続期間が636日となる。 365日、毎日欠かさず記事を投稿した証左だ。 73…

453

脱力する身体から意識が乖離する。 このまま意識が遠のけば、寝てしまうだろう。 しかし、目はパソコンの画面に、耳は外の音に釘付けにして意識を手繰る。 何もない日常は、普段と違う点を列挙できないから、何もない日常になる。 一言で言えば、起きて、仕…

452

Googleアドセンスに落選していた。 雑多な受信メールを片付けていたら、落選していたことに気付く。 成る程、連絡はくれるのか、と顎に手を添える。 しかし、理由が長ったらしい。 一言で言えば、「もっと有益な記事を書け」ということ、と読解してみる。 だ…

451

すこぶる寝た。 日付が変わる20分前、にわかに起きる。 腰がぎゅるぎゅると捻れるように痛い。 ここ最近、微妙に体調が悪かった。 内臓がぐねぐねと収まりが悪い感覚がして、気持ち悪かった。 喉の奥もまだ少し痛く、治ったと考えてた風邪がまだ居残っている…

身丈にあった不便を許容すれば社会全体が良くなるはずです。 

「弱者」を取っ掛かりに考えていた。 「身体が液体説」を考察した時に、不便について言及した。 ふと、「不便」について見解した記憶がふんわりと思い出した。 今後の「私」の境目の追求に必要かもしれない、と過去の各SNSでの投稿を漁った。 すると、2011年…

450

暗い夜道に自動販売機が煌々と輝く。 誘蛾灯に引き寄せられる羽虫のように、目が自然と自動販売機を見てしまう。 何もないから、自動販売機がより目立つ。 この町には何もない。 山間の村に比べれば、まだマシなのかもしれない。 それでも、この町には何もな…

449

頭を軽く手で梳くと、針金のような細い毛が付いてきた。 その針金のような毛をしばしじっと見た。 この毛が私の頭の上に生えていたと俄に信じられない。 鏡を見れば、私の頭の上に黒く髪が茂っている。 しかし、抜け落ちた髪の毛は何時の間にか抜けていて、…

身体の境目の発明は、不便さから生まれた。

「身体が液体」とする感覚を前提に考察した「私」の境目に関わるトンデモ記事だ。

@コメント欄に本文を載せてみた。

当記事は実験記事である。 コメント欄に本文を載せてみた。 その旨をここで報告する。

448

何かこう、ヤバい。 何がどうヤバいかは、ヤバいくらいヤバい。 ヤバいくらいに語彙がヤバい。 感情がヤバい、何かこう、ヤバい。 ヤバい感じにヤバく、ふわふわヤバい。 秋の寒さもヤバいくらいヤバい。 賽の河原で子どもが泣きながら積んだ石を崩す鬼くら…