ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

1399

質問箱を久方ぶりに開ける。 そこで目についた質問がある。 「相手にどう思われるか考えてしまうが、自分優先に考えるにはどうしたら良いか?」 質問の意図は「自分自身は良いと感じているけど、相手が悪い、不快と思うかもしれない」ということだろうか? …

1398

最近、演劇演劇で手持ちのネタがすっかり演劇だけになってしまって視野が狭くなってやしないか?と不安になっている。 そんな私にとある友人がこう勧めてきた。 「乙女ゲーをやって!」 乙女ゲーとは、恋愛シミュレーションゲームだ。 よくある「一人の男(…

1397

さて、10月16日が終われば、別のことに追われる。 一先ず、自分の所属劇団の定期会議を再開したい。 所属劇団、私は一応、「劇団ぱすてる」に所属している。 今の座組である「せーのでめしあがれ」はまつもと演劇祭のみである。 10月16日以降は清算すべきも…

1396

一人台詞の舞台上での動きについて考えている。 最初の導入の後の補足の立ち位置だろうか? 具体的な指示はそれほどなく、結構遊べるシーンだ。 演出取締役からは、「動きにも意識して、表現して」と言われている。 また別の演出からは「あなたは動けるから…

1395

道を走るその脇の田んぼが黄金に波打っている。 嗚呼、秋だ、秋の色だ。 10月8日の昼頃の外は晴れて、遠く日本アルプスの雲も雄大だ。 10月と言えば、16日がせーのでめしあがれの劇「劇中夢」の本 番である。 本番といっても外部の観客は入れない非公式の演…

1394(芝居の話)

今の所属している劇団ぱすてるのメンバーと関わって、2年と半年が経つ。 その所属メンバーの中で、恐らく、私が一番に劇団ぱすてるの演技を見ているのではなかろうか? 持ち前のフットワークの軽さが遠因ではなかろうか。 2年と半年の間で継続して芝居をして…

1393

当ブログの過去を遡って、ちまちまと更新を続けている。 そして、ふと、考える。 これ、更新していると言って良いのだろうか? 今は7月19日を書いている。 しかし、実際は9月13日だ。 2ヶ月も空いているのではてなブログのホームページにも上がってこない。 …

1392(過去の記事漁り10)

昔の自分が書いた記事を読んでいると、成る程ね、と膝を打つ。 そういうようなことばかり考えていた。 今回も昔の自分に同意しながら読んだ。 www.negativehoukou.jp 自分の中で確からしいことがない人は、他者のぬくもりを求めがちという弁だ。 私は自分自…

1391

時間が無限にある訳でない。 だけど、パソコンの前で、はて何を書こうかぼけっとしている時間がある。 そして、ぼけっとしている間に手元でTwitterを見始めてしまう。 コメントがあったら返信しようと考える。 しかし、その返信にどういう返事にしようか時間…

1390(過去の記事漁り9)

過去を記事を振り返って。 この記事で9記事目、時期は2016年9月だからおよそ5年前だ。 5年もの月日が流れているのが驚きで、ちょっとしみじみしてしまった。 www.negativehoukou.jp さて、今回は「不便さの許容」だ。 しげしげ読むと、成る程、昔の私は良い…

1389

昨日から2連休であった。 そして、布団から身体をべりべりと剥がしたのは今日の16時だ。 それまでは、物理でいう強い力が働いて、寝ていた。 たまにご飯を食べたり、トイレ行ったり、ゲーム実況動画を観たりしていた。 それ以外は、魂を磨り減らしながら寝て…

1388

パソコンを立ち上げて、記事を書こうとした。 しかし、テキストページが表示しない。 何遍更新しても、表示しない。 仕方ないので、HTML編集に文字を打ち込んでいる。 Pだとかそういうプログラミング言語はうろ覚えだ。 だから、どういう表示になるか、よく…

1387

このご時世、演劇をやろうとするのは難しい。 新型コロナウィルスの脅威を考えれば、イベント開催も至難になる。 仕方ない、長い目で付き合っていくしかない。 私は感染リスクがあるからイベントをしない、開催しないは違うと考える。 「わざわざ人が密にな…

1386

役者によって、合った稽古方法があるのだろう。 私の場合は、とにかくアウトプット、何度も自分の台詞を読む。 感覚で言っている部分の「どうして?」、「何で?」を詰めていく作業がいるようだ。 インプットはできている、という評価はされている。 役のイ…

1385

今週のお題「サボる」 ブログ継続をサボり、9月目前に差し掛かった。 今は7月11日の記事を書いている。 サボりにサボって、久方ぶりに書こうとしたらこのお題、運命めいたものを感じる。 能動的にサボっている訳ではない。 受動的にサボっている。 自分自身…

1384

私はここにいるから「私」の自意識もここにある。 「私」の自意識がここにあるから私もここにいる。 しかし、本当にそうなのだろうか? 私はここにいるから「私」の自意識もここにあるだろうか。 「私」の自意識がここにあるから私もここにいるだろうか。 本…

1383

何となく、今から脚本を書いてみる。 いや、何となくだから、プロットも何もないけれど。 以前にちょろっと言ってたのが手付かずになっている。 最近は、役者に意識が向かいつつあるから、文筆が滞っている。 脚本に至っては最後に書いたのが5月上旬だ。 今…

1382

演出のKOさんに引き続き話をした。 文章だと固い敬語に成りがちで、往復するのも少し時間がかかる。 そのKOさんが芝居について語ってくれたのを少し書く。 芝居は嘘である。 日常で「嘘を吐く」のはどちらかと言えば良くない部類だろう。 しかし、芝居では嘘…

1381

彦星と織姫が1年に1度会える日、それが七夕だ。 大体が梅雨時期で天の川は雨雲に隠れて見えない。 川の増水で会えなくて、「また増水かよ」と彦星はやけ酒で酔い潰れていそうだし、織姫はスウェットで好きなテレビ番組を視聴していそう。 完全な偏見で書いて…

1380

3連休、実にだらだらと過ごした。 新型コロナウィルスは流行る前だったら、普通に遠出していただろう。 関西方面を攻めてみたい気持ちがある。 今年は10月まで、長野県内で過ごす予定だ。 もっと言えば、安曇野市と松本市圏内くらいで過ごす。 更に言えば、…

1379

稽古はしばらく白紙になったが、色々と連絡は心掛けている。 今回の座組は演出組というチームで、4人の演出家がいる。 ちょっと特殊な体勢なのだが、その演出組の1人であるKさんとやりとりする流れになった。 「遠慮せずに何でも聞いて」と言われたので、が…

1378

稽古が一旦白紙になった。 分かっていた、と私は笑えるのだけれども。 同時に妙にやってやるぜ!という前のめりな吹かしもしていた。 ただ、自分の癖や傾向として空回りし易いのは分かっていたので、ちょっと人に自分の気持ちを話してみた。 結果、ちょっと…

表現は誰かを傷付ける事実から逃げてはいけない、表現する人ならば。

誰も傷付けない表現について、一考してみる。 漫画「宇崎ちゃんは遊びたい」のヒロインが献血ポスターに起用されたら、胸が大きいキャラクターであることが女性の性的搾取と非難されて騒動になったのは、はて今年だったか? 「宇崎ちゃんは遊びたい」の新刊…

1377

今日の朝から働いて、明日は3連休だ。 金曜日の夕方は稽古の予定だったが、新型コロナウィルスの影響で様子見中だ。 恐らく稽古はあるだろうが、いや、ないと困る。 10月16日、17日が本番だ。 今は8月10日で、本番まで2ヶ月程度だ。 残り2ヶ月、まだ台詞もき…

1376(過去の記事漁り8)

過去の記事を漁っておこう。 今回の過去記事はこちら。 www.negativehoukou.jp まだ「ブログ」を体裁を気にしていた時期だ。 やれPV数だ、やれグーグルアドセンスだ、一人で騒いでいた。 今は全くそういうものからかけ離れている。 そも、毎日更新も詐称して…

1375

やってやったぜ、6月を制覇した! そして7月分が始まる。 最高潮から奈落まで、まだまだまだ先は長い…

1374

演劇は、「役者・観客、場」の3つが揃わないと成立しないらしい。 役者と場だけでは自己満足、場がないと役者と観客は出会わない、観たい人も場所があっても演じる人がいなければそもそも演劇にならない。 すべてのピースが揃うのは、奇跡なのかもしれないと…

1373

Twitterでせーのでめしあがれの稽古のツイートをしていない。 しれっと流して、何食わぬ顔でやり過ごしてしまおう。 怠け者、うっかり者、与太郎、と耳元で罵詈雑言を囁くもう一人の私など手で追い払ってしまえ。

1372

金曜日の稽古のとき、気持ち悪いことから、傲慢ちきなことまで聞きたい。 いや、役作りをする上で聞かねばならないのだ、必要なのだ。 誰に対しての言い訳なのか、夏の所為か、羞恥の所為か。

1371

実を言うと今は8月である。 6月26日ではない、8月5日なのである。 現在との乖離が日に日に大きく誠に遺憾だ、と言っておく、一応。