ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

1117

「恋を諦めるにはどうすればいいですか?」 恋愛経験がアンデス山脈の頂きの空気よりも薄い私に、切実な質問が来た。 諦められない相手がいるのだろうか、他人事だからエモくて震える。 しかし、切々とした質問でもある。 他の人にも言ったりして、気持ちの…

1116

安倍晋三首相が辞任して、菅義偉首相が就任した。 安倍首相の辞任を受けて、安倍首相の支持率が上がったのは面白かった。 菅首相へのシフトもスムーズに進み、行政的な混乱はなかったと感じる。 さて、行政のトップが変わって、私が気になるのは野党だ。 通…

1115

母が漢字ナンクロを黙々とやっていた。 カボチャの煮付けを頬張りながら、横から覗いた。 知らない熟語が縦横無尽にあった。 「間作林」……高木を伐採したのち、苗木が生長するまで、その株の間に農作物を栽培する林野。 「風流人」……風流の趣味を解する人。…

1114

質問箱に以下の質問が届いた。 好きなおにぎりの具は? 理由を述べよ 文量は自由とするが字数が少ないと内容も薄くなることが多いので気をつけて書きなさい。 自分のタイミングで開始して良い。 中々に上から目線の質問だ。 私の質問への回答を読んでいる人…

1113

今日はちょっと集中しよう。 手を動かしていれば、集中できるはずだ。 多分、分からないけれども。 スロースターターな私は、何をするにも遅い。 朝に「動くぞ」と決心して、実際に動くのは夕方頃などざらだ。 よく母に「まだいたのか」と呆れられる。 しか…

1112

性格を変えるために必要なものとは。 それは、不幸、理不尽、不条理、無理解だ。 それらに対しての怒りや絶望が性格を変えるために必要だ。 この論は、幸せ者の不幸論のような気がしなくもない。 実際に不幸、理不尽、不条理、無理解に晒されている人は腹が…

1111

1のゾロ目だ。 やった。 喜ばしい限りだ。 次に「1」の数字がゾロ目になるのは、1万日以上先だ。 1万日、ざっと27年先だ。 27年、気が遠くなる年月が過ぎなければならないのか。 できれば、11月11日にこの記事を書きたかった。 いっそ、この記事を書くのを止…

1110

満月の夜に財布を振ると、お金が増えるらしい。 どういう因果関係があるのだろうか? 恐らく、科学的根拠はないだろう。 しかし、わざわざ満月の日に財布を振っている人は、お金を増やしている率が高いかもしれない。 お金を増やしたいと願っている人は、お…

マジョリティはマイノリティになる自覚を。

Twitterに潜っている率が高くなっている。 ちょっと昔なら「呟くことがない」と嘆いていたのに、今では全SNSの中で一番入り浸っている。 短い文言でタイムラインがどんどん更新されていくのが、怠け者である私の性分とがっちり嵌ってしまったのだ。 さて、そ…

1109

新しい脚本のアイディアができた。 さらさらと書くつもり。 まずは1本書き上げることに注力する。 とは言え、締め切りのない、自己満足だから、筆が進まない。 前回の「モザイク・シンドローム」や現在進行中の演劇は、待たせている相手がいた。 ある程度の…

勉強とは、面倒だがやるべきことをする行動だ。

勉強の本質的な意味とは何であるか? はて、勉強の本質的な意味、そんなものがあるのだろうか? にべもなく目の前の宿題や課題を片付ければ良いのではないか? いや、真面目な人ほどドツボにはまるかもしれない。 どうして勉強をしなければならないのだろう…

fの4

コオロギが止め処なく鳴いている。 雨が静かに降り始める。 コオロギのソプラノと雨のマリンバの名演が繰り広げられている。 夜がより夜になる。

fの3

相方が来ない。 待ちぼうけ。 遠くで陽気に歌う兄さん方がいる。 私は独りで仰向けで寝ている。 30分、ようやく来た。 中々毒々しい。 遠くで陽気に歌う兄さん方が変わらず。 私は独り苦笑い。

1108

「テナント募集」の看板。 「休業中」の張り紙がされたシャッター。 色褪せて2色刷りみたいになった選挙ポスター。 道路のセンターラインのひび割れから生える雑草。 センターラインを分け隔てて、自動車がすれ違い続ける。 微かに、ラジオからオペラが聞こ…

良い恋とは、良い思い出として記憶しておきたい出来事だ。

良い恋とは何なのか? 質問箱に届いた彼の質問にきょとんとした。 良い恋とは何か、今までの人生で考えたこともなかった。 中学生の頃、同級生の女子に「愛って何?」と質問するような男だ。 更に彼女いない暦=年齢の人間だ。 恋愛のれの字も意に介したこと…

1107

9月ももうすぐ半月が終わりそうだ。 朝夕は流石に涼しくなった。 これから少しづつ秋になるのだろう。 ふと、キャラクターの設定が思い浮かぶ。 忘れない内にメモを取る。 主要キャラ4人を書き出した。 次いでに、前々からチャレンジしてみたいアイディアに…

1106

上を見上げてご覧なさい、首が後ろに反るね? それだけさ!最高だろ? ん?寝っ転がったから、首は反ってないって? そうかい!最高だね! 今日も元気によいしょ、こらしょ、どっこいしょ!

1105

来年のまつもと演劇祭についての提案内容がきた。 新型コロナウィルスを発端とする観劇関係の中止や延期は、来年以降も継続して影響がある可能性が多大にあり、そのために新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点からの提案があった。 屋外での演劇や配信、…

fの2

飲みかけの日本酒がある。 秒針が止まった目覚まし時計もある。 バイクの排気音が鳴り響く。 コオロギの鳴き声もリズミカルに響く。 白い菊が花瓶に生けられている。 短いロウソクが燭台の上に立てられている。 居間のテレビの音が微かに聞こえる。 スズムシ…

自分らしくいるために、取捨選択は自分でする。

自分らしさを取っ掛かりに考えた。 自分らしくいるとはどういうことか。 「らしい」という曖昧なのに妙に明確な言葉に惑わされる。 一体、自分らしくいるとは、どういうことだろうか? 自分らしいとは、何を以て自分と定義しているか。 他者とは違う、自分ら…

fの1

月満ちる即ち欠く。 満ちたものも何れは欠く。 日々変化、昨日と同じ今日はなく、今日と同じ明日はない。 昨日の雲は何処かへ行き、明日の空は未だ知らず。 今日、鈴虫が鳴くのは、去年も今頃か。 日々変化、しているはずなのに、月はまた満ちて、鈴虫は鳴く…

1104

毎月貯金をするコツ、最近、私も知った。 ただ貯金するだけなら難しくない、らしい。 「バビロン-大富豪の教え-」に書かれていた。 毎月貯金をするコツ、それは「給料の10分の1を貯金すること」! 超簡単、給料の10分の1は貯金する、と決めるだけ。 10万円の…

1103

何をしているときが幸せか。 幸せの定義は人それぞれ違う。 私の幸せは、ふとしたことばかりだ。 ある朝、夜勤から帰宅して、夕飯代わりの朝食を食べた。 昨日の夕飯の余りであるトンカツが大皿に乗っていた。 私はトンカツの一番端っこを濃厚ソースで絡めて…

1102

嘘を吐いているかどうか、どう確かめれば良いのか? これに対して私が考えるのは、第三者がいるかどうかが重要だということだ。 1対1だと向こうしか知り得ない情報に対して「そうなんだね」としか言えない。 嘘だと分かる嘘もあるが、嘘だと分からないのは第…

1101(我が道を往く)

私は我が道を往く。 他の道は進めないから、我が道を往く。 ある意味でそれしか選択肢がないから、我が道を往く。 例え、雨風が吹き泥で足下を捉えながらでも、我が道を往く。 例え、雪が降り積もり道の境目さえ分からなくなっても、我が道を往く。 着の身着…

他者に望みを抱くから、人は病む。

病むことを取っ掛かりに考えてみた。 人間はどうして病むのだろうか? 質問箱に投げかけられた質問に興味深く見る。 聞かれてみれば、どうして病むのか、明確に答えられない。 人間はどうして病むのか、徒然に考えてみた。 「病む」とは、精神が正常ではなく…

1100

頑張れ、とは言えない。 もう頑張っているのに、追い詰めるだけだ。 それに私自身が頑張っていないのに、頑張れとは何様だろうか。 無理はするな、とは言えない。 頑張っているのに、手を抜く暇などない。 頑張ることはいつもの自分を越えていくことなのだか…

1099

カラスの群れが一斉に鳴き、西の山へ飛び立つ。 田に植えられた稲の穂先が仄かに黄色く色付くが、広葉樹の葉は緑の影色濃く、未だ夏だと感じさせる。 額の上をじっとりと流れる汗を右手の親指で拭う。 刻一刻と夕闇へと変わり行く駅のホームで、アイスを頬張…

1098

告白に自信がつく方法、そんなものがあるのだろうか? 自信とは「自ずと信じられる」ことだ。 勇気とはまた違うような気がする。 しかし「自分を信じたい」とするならば、まずは自己研鑽だろう。 それから告白をするということは、当然告白する相手もいると…

常に迷っているか、直ぐに決断しているだけの人生だ。

「いつものように。」、その一行だけ書かれていた。 一行だけ書かれていて、その先はなく、下書き保存されていた。 「迷い」と「決断」というお題目ありきの記事である。 #「迷い」と「決断」 Sponsored by イーアイデム 当時、私は何を書こうとしていたの…