ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

2019-12-17から1日間の記事一覧

883

自分の売りについて考えて、誰に売るのかを抜けていた。 つまり、劇団員の需要である。 「こういう劇をやりたい!」という需要があって、劇作家は供給できる訳だ。 また、劇作家から供給する脚本が刺さった場合もあるだろう。 何れにしても、劇団員のやる気…