ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

意味のない数字-()付き

hの4(映画「呪術廻戦0」感想)

4月11日、映画「呪術廻戦0」を鑑賞した。 その感想を書く。 ネタバレ含むので、ご注意を。

1431(中途半端な文章寄せ集め)

下書き保存して、そのままにした記事が相当数ある。 あまりに中途半端なそれら記事、これから改めて書けるだろうか? いつかは書く、と放置していつ書くのだろうか? いや、いっそその中途半端なまま載せてしまうか? 当ブログの強みは「詰まらないことを延…

1424(点Pの考察)

やにわにまにまに百鬼夜行は疾うに過ぎて。 代わりに聞こえるは新聞配達のバイクの排気音。 静謐な部屋の明かりは眩しくて、夜の影が入り込む余地もない。 柱にもたれて、足を投げ出し、数時間。 首と肩と腰がみしみしと痛む。 ブロンズ像の苦労に思いを馳せ…

1421(冬には雪が降るものだ)

明日がある、私のために日が昇る。 そうしていつも、欠伸を殺す。 背を伸ばし、のろのろと着替え、寒空へ。 雪の合間をするする歩く。 少し溶けた雪の道は幾度目か。 積もる雪が乱反射する。 ルーティンを脳死でこなし、日が暮れる。 草臥れたのは、歳の所為…

1418(夢診断)

ふと、前にTwitterに呟いた夢を思い出す。 自動車に乗っていると故障して、知人が助けてくれる夢だ。 思い出すくらいには印象に残っているようだ。 これは夢なのだけど。目を覚まして、ぱっと時間を見たらDコラ団の稽古時間になっていて。ヤバい完全にやらか…

1410(困惑する目的)

今年、所属する劇団で公演を打つ、と決めている私は、ある壁にぶつかっている。 「どうしてお客さんに見せたいのか?」である。 自分の考えを整理して悩む。 まず、前に見かけた、「「ゴール」や「目的」と似たような言葉の違いの図」が個人的にややっと感じ…

1405(或る日の12月)

或る日の12月の夜、吹雪に遭った。 テニスコートを数百ワットの照明が煌々と照らす中、 轟々と荒ぶる雪が舞っていた。 黄金螺旋を幾つも描きながら渦巻く雪は美しくも容赦なく、 見惚れて歩く私の顔を手酷くなぶった。 私の吐いた息が白く凍り、ゆっくりと夜…

1402(言葉の限界について)

前回、愛についてうんたらかんたら書いたが、言葉の限界を感じた。 言葉で表現できない事柄や感情はあって、 表現できないもの全てを言葉に変換するのは不可能だ。 豊富な語彙があったとしても、そのものはその場に在るからこそ全てであり、言葉によってその…

1400(【劇中夢】の個人的感想)

2021年10月22日15時頃の安曇野市のスターバックスにて、私は「劇中夢」の感想を書く。 直ぐに書こうと考えていたが、身体も心もくたくただったのか、1週間が経っていた。 やれやれ、困ったものだ、と肩をすくめて独り戯ける。 気分で動くは風の如し。 雑な日…

1390(過去の記事漁り9)

過去を記事を振り返って。 この記事で9記事目、時期は2016年9月だからおよそ5年前だ。 5年もの月日が流れているのが驚きで、ちょっとしみじみしてしまった。 www.negativehoukou.jp さて、今回は「不便さの許容」だ。 しげしげ読むと、成る程、昔の私は良い…

1376(過去の記事漁り8)

過去の記事を漁っておこう。 今回の過去記事はこちら。 www.negativehoukou.jp まだ「ブログ」を体裁を気にしていた時期だ。 やれPV数だ、やれグーグルアドセンスだ、一人で騒いでいた。 今は全くそういうものからかけ離れている。 そも、毎日更新も詐称して…

1357(「私」の自意識を探して)

「私」の自意識の境目について持論を書いたのは、はていつだったか? 気になって遡ってみた。 下記リンクがその記事だ。 www.negativehoukou.jp www.negativehoukou.jp 2017年9月22日とある。 今が2021年7月22日だ。 3年と10ヶ月前に書いている。 3年と10ヶ…

1351(過去の記事漁り7)

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」 「文学」とは何であろうか? 文章を書き殴り、書き散らし、書き投げて。 文章を書くことはできるけれど、「文学」となるとまるで分からない。 試しに当ブログの検索窓で「文学」と打ち込んでみた。 す…

1348(過去の記事漁り6)

時期は7月2日金曜日だ。 この記事は6月1日、約1ヶ月の遅れである。 遅れてはいるが、現行に追い付けられたら良いな位の認識だ。 さて、過去記事を遡って言及しようか。 3行シリーズと共にパターン化しそうな気もする。 あの手この手で飽きから逃れようとする…

1346(過去の記事漁り5)

私の怠け癖が露呈している記事だ。 www.negativehoukou.jp 読み返してみると、私はミソジニー、女性蔑視しているのではなかろうか、と感じた。 「家族」という縛りで洗濯物を押し付けているのだから、そうなのだろう。 働きながら洗濯物を済ましている人も多…

1345(過去の記事漁り4)

今回の過去記事は。 www.negativehoukou.jp 夏から秋へと変わりつつある9月上旬に書いている。 涼しくなるにつれて片付けられる扇風機をお題にホラーを想起して妄想している。 今はこれから熱くなる6月下旬である。 1年振りに再会する扇風機さん、埃まみれに…

1344(過去の記事漁り3)

今回の過去の記事は。 www.negativehoukou.jp バッグ・グロージャーについて書いている。 パンの袋を開封後、開いたパンの袋の口を閉じるために用いるアイテムである、あのバッグ・グロージャーだ。 袋に残ったパンを湿気らせないために袋の口を細く絞ってか…

1343(過去の記事漁り2)

手当たり次第に過去の記事を漁っていく。 下記は「トイレットペーパーの端を三角に折る」問題についてだ。 www.negativehoukou.jp 大便の付いた肛門をトイレットペーパーで拭い、その手で三角に折るのは不潔だ、と主張する人がいた訳だ。 それに対して、「三…

1342(過去の記事漁り1)

ふと、昔の記事を読んでみよう、と思い立つ。 理由は特にない、単なる思い付きだ。 思うままにガッと開いてみる。 www.negativehoukou.jp 2016年9月、即ち、当ブログが産声を上げた月である。 今が2021年6月なので、もう3ヶ月ほどしたら5年となるのか。 月日…

1324(誕生日の返信履歴)

5月24日は私の誕生日であった。 例年、Facebookのタイムラインに私宛の祝言が届く。 今年は26人から「おめでとう」と祝って頂いた。 折角お祝いして頂いたので、一人一人きちんとコメントしよう。 今年は数字に因んで順繰りに書いていこう。 つまり、1〜26ま…

1307(脚本の考えの脳内整理)

新しいお題の脚本の設定をざっくりと出す。 どういう設定かは詳細は書かない。 ただ、私自身の脳内整理のために今回の順序をさっさか書く。 最初、新しいお題を聞いて、私は「こういう世界観で書いてみようかな?」と思い浮かべる。 お題の設定を活かすのに…

1265(脚本書き上げ備忘録)

新規脚本をガッと書いた。 目安50分以上でまつもと演劇祭で発表した「モザイク・シンドローム」を除外した脚本は、今回で3作目だ。 この3作品を踏まえて、私がちょっと感じたことを書く。 最初に書いた脚本は設定盛り沢山で、ぎゅうぎゅう詰めで書いた。 お…

1247(星に手が届くのか否か)

手を伸ばせば届きそうな星であった。 手を伸ばせば届く、と考えるのは浅はかだろうか。 手を伸ばしても届かない現実の前に息を大きく吸う。 手を伸ばさなくても届かないと現実を知った気になっている。 手を伸ばせば届くかもしれない、と上っ面だけの綺麗事…

1245(「うっせぇわ」感想)

話題の「うっせぇわ」を視聴した。 Twitterのタイムラインで時折話題に上がっていたので気になっていた。 【ニコカラ】うっせぇわ【on vocal】 YouTubeでオリジナル動画を探してみた。 上記のはニコニコ動画なのか、下に歌詞表示されているから気になる方はY…

1234(豆まきについて)

今週のお題「鬼」 豆まきについて一考した記憶があったので、過去記事を検索してみたら、当該記事を見付けた。 www.negativehoukou.jp 恋愛が分からないと喚いた日の翌日に、結婚の文字が出てくるとは因縁を感じてしまう。 この記事を書いたのは2年前、随分…

1230(映画「鬼滅の刃ー無限列車編ー」感想)

映画「鬼滅の刃ー無限列車編ー」を鑑賞した。 当記事はその感想である。 ネタバレも含むので、まだ観ていない方はご注意ください。

1228(空疎な空言)

お願いだからシンデレラ あちらの塔から飛び降りて キスの相手はヒキガエル メキシコ一周メキシカン ガーリーガソリンマキシマム そこから白線渡りの六丁目 境界解離性障碍は対岸の火事だと気付かない 嗚呼、西へ夕陽が沈んで東に月が昇るのも寂しい農道から…

1180(劇壇百羊箱「M夫人の回想」)

11月29日、上田市にある犀の角で「劇壇百羊箱」さんの演劇を観た。 「M夫人の回想」という演目で、2018年第64回全国高等学校演劇大会で優秀賞を受賞した作品とのことだ。 「劇壇百羊箱」さんの掲げたテーマが「大人の本気」とあり、どのように作り上げるのか…

1159(今日は良い日)

2020年11月11日、実に切りの良い数字の日だ。 ランダムに数字が並ぶのも好きだが、スッキリとシンプルな並びは気分が良い。 シンプルな並びで気分が上がる、実に安上がりな人間だ。 今日は休みを言い渡された。 朝はのっそりと起きて冷めたチャーハンを食べ…

1133(流れる雲よの感想)

松本市上土劇場にて「流れる雲よ」を観劇した。 久方ぶりの演劇鑑賞だ。 たまたま上演時間に行けたので、そのまま観に行った次第だ。 ここでは奇譚なく、正直に書く。 もしかしたら関係者に読まれるかもしれない恐怖を抱きながら、正直に書く。 わざわざ私の…