ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

723

夕食を食べ終えて、ふっと寛ぐ。

完全にOFFモードだ。

大変に困った、まだやらねばならないことがあるのに。

 

ここから、再びONモードに入れなければならない。

電源スイッチを身体中に探すが、見当たらない。

そうだ、私のスイッチは剣呑な場所にあって、容易に押せないのだ。

 

一度、OFFになってしまうと、切迫しないと入らない。

例えば、時間ギリギリの出社時間だとか。

これ以上引き延ばせない、というところまでいかないとまず入らない。

 

そして、今は割ともうそういう次元に入っているはずなのだが、足の先から空気が抜けていく。

嗚呼、「やらねば」と唱えても、言葉は浮つき、本心から出てこない。

まずい、という意識は、切迫感にならないのが非常にまずい。

 

頭と心と身体がこれほどまでにズレることは普通なのだろうか?

頭では分かっている、理解している、何なら説明できる。

しかし、心はもう明日に向かっているし、身体は駄々っ子だ。

 

誰か、やる気になる方法を編み出してくれないだろうか?

瞬間風速50m/sのやる気が欲しい。

今は凪、完全に凪いでいる。

 

ある意味で今晩は正念場、私の脱皮ができるかどうかの瀬戸際だ。

ここで変態しなければ、蛹の中でドロドロになったまま死に絶えるだけだ。

蛾だろうが蝶だろうが、この際何でも良い、私を変態させてくれ、私よ。

 

がっぱつお、いうねいうね、やらなければ。

虎穴に入らずんば、虎児を得ず。

剣呑な場所に踏み込んで、足の穴から抜ける空気を封じ込めろ!

 

夕食を終えて、小一時間、カチカチを音をさせる。

OFFからONに、なりそうでならない、もどかしさ。

大変に困ったが、今はカチカチ言わせるしかあるまい。

 

がっぱつおいうねいうね、と意味のない言葉を再度唱えて、奮起を促す真宵かな。