ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

822

何となく、ファミリーレストランに寄る。

以前、脚本を書くことになった時に利用していた場所だ。

帰って来たら、脚本を書こう、と考えている。

 

誰かに恋い焦がれて脚本を書いている訳ではない。

誰かに請われて脚本を書いている訳でもない。

ただただ自分が書きたいから書いている。

 

脚本なんだから、それを通して誰かが演じる。

その演技を通して、誰かが観る。

ひどく手間のかかる伝達方法ではある。

 

「物語を紡ぎたい」という暴発した頭で考える。

私の理性はどこにいったのか、血溜まりの中に溶けてしまったのか。

この血は私の頭からなのか、鼻からなのか、心臓からなのか、その全てなのか、暴発した頭では区別も付けられない。

 

ファミリーレストランに寄ったのは、止血のためだ。

一先ず、当時の気持ちに浸りにいった。

結果、ニ発目が暴発した。

 

今度はどこから漏れているのか、考えるのも億劫だ。

この血溜まりが沼への入口か。

手には平田オリザ著の「演技と演出」をべっとりと持っている。

 

帰ったら、一先ず、シャワーを浴びよう。

細かいことは、全部後回しだ。

どうせ血は洗い落とせないのだから、諦めよう。

 

諦めの良さは当代随一だろう。

いや、我が家系はどういう人種か知りはしない。

私が知らないだけで、諦めの良さは血筋なのかもしれない。

 

兎にも角にも、血を啜り、脚本を書こうと決めた。