ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

880(進めども進めども)

進めども進めども進む道は途絶え、這い蹲って這い蹲って永々土は続いているのが朧げに見え、また進みよろよろと進み道を探して、疲れ果て気を失って幾許かの無常を横滑りして、急き立てられるように起き、また進み、進み、進んで行く。

 

進めども進めども進む道は途切れ、転げ回って転げ回って永々光の筋が微かに見え、また進みよろよろと進み道を探して、疲れ果て気を失って幾許かの不条理と共に横になり、喚き散らかすように起き、また進み、進み、進んで行く。

 

終わり無き道を終わらせるには簡単で、深く深く目を閉じて、耳に聞こえる音を聞かず、鼻を掠める匂いを嗅がず、口を一文字に結び、ただひたすらにじっとして、疲れ果て、気を失って、次に目を覚ましたら、道はもう見えなくなっていることだろう。

 

そうすることは容易くて、今にも、深く深く目を閉じて、耳に聞こえる音を聞かず、鼻を掠める匂いを嗅がず、口を一文字に結び、ただひたすらにじっとするのは、きっと這い蹲っているよりも、転げ回っているよりも、ずっと優しいことだろう。

 

だが、そうした安易な方法を選ばない、選べない、選ぶことを混乱する身体は許しはせず、全身の隅々まで私の心臓は毒を巡らせ、これでもかと目を見開き、些細な音さえ聞き漏らさず、僅かな匂いさえ嗅ぎ漏らさず、口を開いて舌の味蕾で味わおうとし、肌に感じるすべてを余すところなくに感じ取ろうとして、また身体は混乱の度合いを増していく。

 

そうした生き方を殊更に誰かに言い立てるつもりはなく、ただ、器用に生きれる人々がどうしてそんなに器用に生きれるのか不思議で、同時に、どうして自分はこんなにも不器用なのかと自問自答して、その自問自答がこうした生き方になってしまうという自身の器用さも不思議に感じる。

 

今日もどくどくと心臓が早鐘のように鳴り、全身に毒を巡らせ、私の顔を上げさせ、足を前へ前へとと、手をぶらぶらと振らせ、また進みよろよろと進み道を探して、進めども進めども止まれずにいる、道化か阿呆か人生の奴隷か、答えも知らずに道を求め、さすらい歩く。

 

今日も起きてしまった、進まねば。