ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

2146

バレンタインである。

1年前の今頃、稽古前に劇団ぱすてるの女性陣からチョコレートを頂いた。

義理でも嬉しいチョコレート、私はニヨニヨしながら受け取った。

 

きちんと返礼しなければ、と慣れない慣習にドギマギしながら考えていた。

しかし事態は急変、新型コロナウィルスによって予定していた演劇は中止、当然、稽古もなくなった。

その結果、完全にタイミングを逃して、未だに返礼できていない。

 

この事態が収束して、通常の稽古ができるようになったら、しっかりと返礼品を渡したい。

理由付けとしては「あの日のホワイトデー」とでも言っておこう。

女性陣はすっかり忘れているだろうから、ちょっとしたサプライズになるだろう。

 

しかし、問題は何を贈れば良いのだろうか?

変に奇をてらったものを渡したら、引かれてしまう。

悪い意味でサプライズになってはいけないのだ。

 

やはり無難にお菓子の詰め合わせが良いのだろうか?

それとも少し私っぽい物を用意した方が笑ってくれるだろうか?

難しい、何か基準はないものだろうか?

 

ふと、昔、バレンタインについて書いた記事があった。

それを掘り起こすと、下記の記事があった。

 

www.negativehoukou.jp

 

本命チョコの返礼は3倍について考察し、提案している。

しかし、義理チョコに対しては何も書いていない。

役に立たない記事だ、義理チョコについて何か言及しておけ、昔の私よ。

 

そんなことをいってもバラライカ、陽気に踊ってお仕舞いだ。

仕方ない仕方ないシカゴシティ、ギャングが笑うからこの辺で。

私としては、明日の私に期待しておく。

 

問題は、タイミングもある。

マスクを着けなくなるのが2、3年後と言われている。

しかし、2022年の秋頃に本公演を打つつもりでいる私は、来年の今頃には通常稽古の話しをしたい。

 

どういう状況か、さっぱり読めないが、提案はしても良いだろう。

そうして、通常稽古ができそうなら、その最初に返礼品を出す。

このタイミングがベストかもしれないし、このタイミングを逃したら次が何時か分からない。

 

やはり明日の私に期待しておこう。

良い感じの返礼品をタイミング良く出す、カレンダーにでもちゃっかり書いておこう。