ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

2155

何となく「脚本 行き詰まり 解決」で検索してみた。

どういう解決方法があるのだろうか、という興味本位の検索だ。

そうしたら、次の記事に辿り着いた。

 

note.com

 

私はキャラクター先行型の書き方である。

そして、筋の無さが悩みの種でもある。

そこら辺の一つの回答が書かれている、と感じた。

 

上記記事にて論理と感情を以下のように説明している。

論理(ロジック)とは、思考を進める上での道筋

つまりは筋の通った考え方
数式で言えば「1+2+3は6です!」という感じ。

感情(エモーション)とは、無意識的に行われる思考や行動

こちらは刺激に対する反応となっています。
こっちだと数式などなく、
パッと思いついて「あっ、6です!」となるような感じです。

これらが論理と感情の簡単な説明になります。 

 

確かに筋のある、論理とは「AだからB、BなのでC」と順序立てて話す。

私の場合は、まず「C」がドーンと出るので、上記の説明はピタッとそのまま当てはまる。

その上で論理と感情の明確な違いについて「精神」、人間の「心」が関係してくると書いている。

 

分かりやすく、数学の文章題で考えてみましょう。
例えばこんな問題があったとして……

たけしくんはリンゴを5つもらいました。
なので友達を3人呼んで、分けることにしました。
あまりはいくつになるでしょうか?

これを論理で考えると、

たけしくん+友達3人=4人
りんご5つ ÷ 4人=1つずつ……「あまり1つ」

こうなりますよね。
でもこれを感情で考えると、

たけしくん「りんご好きなんだよなあ……」
りんご5つ ÷ 4人=1つずつ……あまりは無し
1つは隠れて食べる

 

 

大変に分かり易い例だ。

ここではたかしくんの「心」が入り込んでいる。

論理では数を分配すること筋があるが、感情で考えれば「心」が影響するのは当然だ。

 

その上で著者は「キャラクターの感情の描き方」をこう指摘する。

 

「キャラクターの感情」の書き方

これを簡単に言っちゃうと、
「論理の上で、論理を崩すこと」になります。

単純に論理じゃないものが感情じゃ駄目なの?
と思われるかもしれませんが……

論理崩しちゃったらユーザーが納得できないんですよね。

感情も納得を引き出せなければ、何の意味もありません
なので論理の提示というものは必須要素になります。

しかし論理だけだと感情とは掛け離れてしまう
そこで重要になってくるのが、
「論理の上で、論理を崩すこと」が重要になってきます。

これを分かりやすくパターンにすると……

「論理の提示 → 感情による否定」になります。

 

まず道筋、論理を組み立てる。

「1+2+3=6」や「A→B→C」のような順序、理由、根拠を出す。

その上でその論理の反対、否定をすればキャラクターの感情が出る。

 

分かり易い例が当該記事に載っている。

また、それ以外の記事もとても参考になる。

良い記事に出会えて良かった。

 

次の脚本を書く上で役立つ記事を見付けられてほくほくする2月下旬かな。